【お金の勉強】貯める力〜通信費編〜

 固定費削減で効果が大きいと言ったら、やはりスマホ代でしょうか。結論から言うと、格安SIMにしましょう。電力会社編でオススメしたのは、効果としては数百円程度ですが、ただ申し込みをすればいいだけのお手軽さがありました。通信費編では、ちょっとめんどくさいですが、効果としては数千円から数万円も安くなります。少し注意点もありますので、その部分が我慢できれば是非やってもらいたいです。

 格安SIMに変える注意点とは

  ①キャリアメールが使えなくなる

  ②LINEのID検索が使えない

  ③大手携帯会社よりも通信速度が不安定

  ④大手携帯会社よりも通話料金が高い

  ⑤初期の設定を自分でする必要がある

 大きい注意点としては、以上だと思います。私の体験も混ぜて説明したいと思います。

①キャリアメールが使えなくなる

 キャリアメールとは、メールアドレスの語尾にdocomo.ne.jpとかezweb. ne.jpとかsoftbank.ne.jpとかが付くアドレスです。格安SIMにすると、これらのメールは使えなくなります。ただ無料で使えるメールアドレスは、いっぱいあるのでこの機会にそちらに変えた方がいいと思います。gmail・iCloudメールがオススメです。

②LINEのID検索が使えない

 私はLINEに詳しくないのですが、友達登録ならば会ってフリフリすればいいだけだと思います。顔の見えない人は、LINE友達なんて怖くてなれません。

③大手携帯会社よりも通信速度が不安定

 私は一番ここが不安でした。しかし、普通に使っている分には全く変わりませんでした。ただ、お昼ごろや夕方などは速度規制がかかるので、少し遅いなと感じます。慣れてしまえばこんなもんかと、不便を感じることはありません。

④大手携帯会社よりも通話料金が高い

 今までは、24時間話し放題プランは大手携帯会社しかありませんでした。その為、仕事や電話が多い人は格安SIMだと通話料金が高くなってしまい、逆に損をしてしまうことがありました。現在では、格安SIMでも24時間話し放題プランが誕生し、大手携帯会社を選ぶ理由はなくなりました。

⑤初期の設定を自分でする必要がある

 多くの方にとって、一番の問題はここでしょうか。初期設定などは、契約するお店でやってもらえますし、電話番号の移行方法も教えてくれます。コツは、新たに契約するお店に行って聞いてください。契約中のお店では、解約のデメリットばかり大げさに伝えられ、相手にしてくれません。

 以上の注意点を見ても、格安SIMではダメだと言うことは無いと思います。一番の障害は、やはり自分のやる気だと思います。 以上!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました