お金とは?ただの〇〇で!

全記事一覧

お金は生きていくために欠かせないが、所詮『ただの道具』です。では、なぜ『ただの道具』で幸せになる人もいれば、不幸になる人もいるのでしょうか?それは、道具の使い方を知っているか、知らないかの差です。道具は、その機能と使い方を知らないまま闇雲に使ってもうまくいきませんよね?お金も同じで、機能と使い方を知ることで、より有意義に活用することができます。つまり、人生が幸せになるためには『お金の知識=金融リテラシー』を身につけておくことが大切なのです。

まずはお金の機能を知ろう‼️

まずは『貯める』『備える』『納める』『稼ぐ』『増やす』『使う』というお金の6つの機能を把握しましょう。具体的にお金との付き合い方を知ることで、お金の知識を得るだけでなく、適切に判断し行動する力も高まります。特に現在は、自分のお金を得る時点で、働き方や仕事の成果による収入の差が大きくなっています。銀行預金の金利は低いままです。老後の年金の給付水準の低下も懸念されています。キャッシュレスの促進、仮想通貨の登場などにより、お金自体の形も変わってきています。そうした時代の変化に対応して生きていくには、金融リテラシーが今まで以上に重要なのです。

お金の6つの機能

お金は稼いで使うだけではありません。では、それ以外に何があるのでしょうか?

① 貯める

稼いだお金を、銀行口座などに財産として貯めておく。効率的な貯め方を実践するとともに、貯めるための家計の工夫も必要。

② 備える

税金や保険料を使って、老後や病気、収入減などに社会全体で備える社会保障。その仕組みを理解し、自分で備える方法を知る。

③ 納める

社会を維持するために必要な費用として、税金を納めている。税金の仕組みを理解し、節税について知る。

④ 稼ぐ

生きていくには、まず自分の能力を活かして働き、お金を稼ぐことが基本。お金を稼ぐ方法や働き方と収入との関係について知識を身につけ、収入を最大化する。

⑤ 増やす

お金は運用によって増やすことができる。投資方法を勉強し、お金がお金を稼ぐサイクルを作る。

⑥ 使う

趣味や楽しみのためにお金を使うことも重要。お金の正しい使い方を学び、価値ある人生をおくる。

お金=道具の使い方を知れば誰でも小金持ち

以上、6つの機能を①から勉強し実践していけば、誰でも小金持ちになることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました