新型コロナワクチン接種しました。副作用や接種理由について。

全記事一覧

1回目の副作用

午前11時頃に接種し、夜寝る前くらいに腕が痛くなってきました。翌日は腕が痛く、胸の高さまでしか上がりませんでした。2、3日で痛みもとれ、元に戻りました。副作用としては、腕の痛みだけでした。

2回目の副作用

午前11時頃に接種し、夜には37.1度の熱が出ました。翌日には38.5度まで熱が上がり、全身筋肉痛のような痛みで動くことができませんでした。症状としては下記の通りです。

  • 発熱 38.5度
  • 全身痛
  • 脱水症状
  • 胸のムカムカ
  • 頭痛

食欲はあったので寝てるだけで済みました。接種3日後の午後には動くことができるようになりました。なんだかんだで1週間は調子が悪かったです。

ワクチンを接種しようと思った理由

理由は、「重症化を防ぐため」この一択です。ちなみに、ワクチンでは感染を防げませんし、ウィルスを倒すことはできません。インフルエンザやコロナは、感染するものだと思っていたほうがいいと思います。では、なぜワクチンを接種するのか?重症化しないためです。死亡や予後が悪くならないようにするためです。ワクチンにもリスクがありますので、接種するかどうかは個人次第ですね。私は、ワクチンの副作用よりも、重症化のリスクが高いと思ったので、ワクチンを接種しました。

ワクチンを理解しよう

私は、ワクチンとはこういうものだと思っています。

  • 感染は防げない
  • ウィルスを倒す薬ではない
  • 重症化リスクを下げる
ウィルスを倒す薬ではない

私が知る限り、この世にウィルスを倒す薬はありません。ウィルスの増殖を抑える薬はありますが、倒すものではありません。では、なぜ治るのか?それは人体の免疫が頑張っているからです。免疫がウィルスを倒しているのです。ワクチンとは、その免疫に「こいつは危ないウィルスだよ」と教えてあげてるだけなのです。なので、ワクチンを打てば大丈夫ということはないのです。

感染は防げない

ワクチンを打っても感染します。ワクチンは、体に「こいつは危ないウィルスだよ」と教えているだけだからです。では、なぜ感染者が減るのか?私は感染者は減っていないと思います。発症する人が減っているんだと思います。ワクチンによって、体は危ないウィルスだと教えてもらっています。そのウィルスが体に入ると一斉に免疫が反応し、症状が出る前に撃退しているんだと思います。具合が悪くならないので、検査も病院にもいかず感染が減っているように見えるのではないでしょうか。

重症化リスクを下げる

通常、体にウィルスが入るとまず増殖を始めます。ウィルスも一人では勝てないことはわかっています。仲間を増やしながら体を壊していきます。ある程度体が壊れると、免疫が騒ぎ出します。「免疫のみんな!侵入者だ!ウィルスを見つけ次第攻撃せよ!」体の中では戦いが始まります。

ワクチンを接種しているとどうなるのか?体の中ではすでに「こいつは危ないウィルスだよ」と周知徹底されています。ウィルスが入ってきた瞬間から、免疫が攻撃を開始します。ウィルスが増殖する間もなく圧勝します。短時間で圧勝するので、体には負担がなく、死亡や重症化も減少します。

ワクチンの接種は自己判断で

私は、「重症化を下げる」というところにメリットを感じて接種しました。ワクチンにもデメリットはあります。それぞれのメリット・デメリットを考え、自分で判断してワクチンを接種しましょう。

ワクチン副反応治療

ワクチンの副反応は事前に知っていたので、私はロキソニンを飲んでいました。結果としては、全く効果はありませんでした。接種した他の人に聞くと、カロナールのほうが効果があった人が多いように感じました。薬の効果は個人によって違うので、これらは参考にしていただいて、個人で判断していただければと思います。



コメント

タイトルとURLをコピーしました